BOJ Japanese yen

日本銀行(BOJ)は、他のどの銀行とも異なり、日本の株式市場において巨大なプレーヤーとなっています。金融政策の実験として始めたことが、中央銀行が資本市場を下支えするために取ることのできる介入の範囲について、政策立案者にとっての注意点として説明するエコノミストもいるほどである。

ブルームバーグによれば、過去10年間、日銀は日本の上場投資信託(ETF)の80%を買い占め、日本の6兆ドルの株式市場の約7%を占めるに至った。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2021年3月期年次報告書によると、政府は47兆円超の日本株を保有していた。GPIFは資産額で日本最大の公的資金投資家だ。

世界の他の地域では、ETFは産業別に特定の銘柄のパフォーマンスを監視するために使われているが、日本は経済成長に拍車をかける目的で、ETF投資をインフレ抑制のために使ってきた。

日本銀行は2010年後半から、量的・質的緩和策の一環として、ETFを通じて日本の取引所に上場している株式を取得し、この戦略を採用するようになりました。

ETFの購入プログラムは、中央銀行による日本国債の購入の一部として始まり、その後、日銀は株価を上昇させ、それによって企業の事業拡大への支出を促し、雇用を増やし、インフレ率を上昇させることを期待して、株式ファンドの購入を試しました。

しかし、ETF買い入れを始めてから6年経っても日銀はインフレ目標を達成できず、黒田東彦総裁は輸出の多い日本経済に打撃を与える円高を防ぐためにマイナス金利を導入することになった。

現状では、日本円は1米ドル130円台で取引されており、通貨としては20年ぶりの安値であり、介入なしには円安圏に向かう可能性がある。黒田総裁は円安を歓迎しているが、ロイターは、日本がさらなる円安を食い止めるために為替介入を検討している可能性があると報じた。ロイターの報道により、米ドル円は1米ドル=129円という1カ月に1度の抵抗を上回った。

USDJPY 1H

株式以外にも、日銀は2021年末時点で総額521兆円もの日本国債を大量に積み上げている。しかし、日銀は金融リスクが迫っているとの懸念から、国債買い入れプログラムの縮小を図り、保有国債の水準は13年ぶりに低下している。

ここから先は?

2022年まで早送りすると、日銀はまだ膨大な量の債券と株式を抱え、売りに出れば国の資本市場に悪影響を及ぼすため、中央銀行が簡単に減らせない可能性がある。

"銀行は行き止まりに囲まれていた。もう何もできないところに追い詰められていた」と東短リサーチの加藤出社長はブルームバーグから引用している。

2019年に入り、黒田氏は日銀のETF買い入れプログラムを擁護し、影響力を歪めているとの懸念を払拭した。

「現時点では、我々のETF購入が市場機能に影響を与えているとは思わない…しかし、我々は負の副作用がないことを確認するために監視を続けている」と黒田氏はフィナンシャルタイムズから引用されている。

最近では、3月に日銀の保有株への懸念が高まる中、日銀総裁は、インフレ率がまだ持続的に2%に達していないため、中央銀行がどのようにETF保有額を縮小できるかを含め、量的緩和からの出口を議論するのは時期尚早だと述べた。

黒田総裁はまた、日銀が株式保有を縮小することを決定した場合、日銀の損失と金融市場の混乱を最小限に抑えるような戦略を採用することを示唆した。

「今、売るわけにはいかない。株価は確実に下がる……。セゾン・アセット・マネジメントのポートフォリオ・マネジャー、瀬下哲男氏は今月初め、「マイナスの影響はかなり大きいだろう」と述べた。

BlackBull Marketsで日本円と株式を売り買いする。

global

世界的なロシア不買運動や、クレムリンのウクライナに対する行動に対する国際的な非難にもかかわらず、一部の多国籍企業はさまざまな理由からロシアからの撤退やプレゼンスの縮小の要求を退け、従来どおりのビジネスの継続を選択している。

ロシアとウクライナの紛争は、ロシアが2月24日にウクライナへの侵攻を開始して以来、2カ月にわたって長引いている。この危機は、原油を中心とした世界的な商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱、食糧不足、ウクライナの大気・水・土壌への環境影響などを引き起こしています。

戦争が始まった当初、ロシアでは、ウクライナの人々に対する戦争に資金を提供しているという烙印を押されるのを避けようとするグローバル企業の大規模な国外脱出が見られました。

企業の国外流出

戦争の中でロシアとの関係を絶った多国籍企業の長いリストには、ペイパル(NASDAQ:PYPL)、フォードモーター(NYSE:F)、フォルクスワーゲン(FRA:VOW)、トヨタ自動車(NYSE:TM)、ボーイング(NYSE: BA)、Airbus、Diageo(NYSE:DEO)、Apple(NASDAQ:AAPL)、Samsung Electronics(KRX:005930)、Walt Disney(NYSE:DIS)、Netflix(NASDAQ:NFLX)や石油メジャーBP(NYSE:BP)、ExxonMobil(NYSE:XOM)やShell(NYSE:SHEL)なども参入しています。

シェルは最近、ロシアのガスプロムとの合弁会社から社員を撤退させ始め、同社がロシアの石油取引から撤退すると発表してから1カ月以上が経過した。

エール大学経営大学院(Yale SOM)の集計によると、現在までに750社以上がすでにロシアとの関係を断ち切っている。

世論の圧力に抗して

すでに数十社がロシアから撤退したり、事業を縮小したりしているが、戦争マシンへの資金提供をやめるようにという声に逆らって、ロシアにとどまることを選択する企業も少なくない。

アメリカの財閥であるコーク・インダストリーズもその一つだ。3月中旬、コーク社の社長兼最高執行責任者のデーブ・ロバートソン氏は、同社の子会社であるガーディアン・インダストリーズについて、「ロシアにいる従業員から手を引くことも、ロシア政府が操業して利益を得られるような製造施設を引き渡すこともしない」と述べた。

非営利団体Don't Fund WarのエールSOMリストの評価によると、コッホ社以外にも、ロシアで実質的な事業を継続しながら、撤退や活動縮小の要求を拒んでいるか、将来の投資計画を延期している多国籍企業が約330社あるとのことです。

技術系企業は存続

このリストには、中国のハイテク・ゲーム大手のテンセント(HKG:0700)と中国の電子商取引会社アリババ・グループ(NYSE:BABA)が含まれています。テンセントは戦争に味方することを避けてきたが、先月、ウクライナ紛争のような敏感な話題を議論する際には客観的になるよう、ユーザーに訴えた。近年ロシアで存在感を高めているアリババは、戦争における姿勢について沈黙を守っている。

中国で規制当局の厳しい監視を受けているディディ・グローバル(NYSE:DIDI)は、ロシアからの撤退という以前の決定をすぐに覆し、同市場のドライバーや乗客へのサービスを継続するとしていた。

コンピューターメーカーのLenovo (HKG:0992) とAsus (TPE:2357) は、同業のAcer (TPE:2353) が今月初めに世界的な不買運動に加わることを決めた後も、コンピューター関連製品を販売するためにロシアに留まることを選択しました。

Samsung Electronics (KRX:005930) に次いでロシアで2番目に売れているスマートフォンブランドの Xiaomi (HKG:1810) も、ロシアでの計画について沈黙を守っている。同ブランドは2017年に同市場に進出した。

ハイテク企業以外では、ネスレ(SWX:NESN)、プロクター&ギャンブル(NYSE:PG)、ファイザー(NYSE:PFE)、メルク(NYSE:MRK)などのグローバル企業が戦争中のロシアで時間稼ぎをしている。彼らは、進行中の臨床試験の患者登録を一時停止するか、事業を縮小して新規投資を停止するか、あるいは必要以外の輸入や輸出を停止しているのだ。

3月のワシントンポスト紙によると、ロシアにある数十社の企業が撤退するのはますます難しくなってきていると言う専門家もいる。

ノートルダム大学メンドーサ・ビジネス・カレッジのジェームズ・オルーク教授(経営学)は、「これは、積極的な投資解除が最良の選択肢となる歴史的な瞬間の一つかもしれない…兌換通貨でロシアからお金を出し入れできないなら、そこにいる意味はあるのか」と、ワシントンポスト紙から引用している。

テンセント、アリババ、ディディなど、BlackBull Marketsで23Kの世界株式を取引する

currency

米ドル・ドルは、貿易相手国に対して地歩を譲っていない。実際、米ドル指数は2年ぶりの高値を更新し、2020年3月以来の102円台を超えたところである。投資家は、米国連邦準備制度理事会が5月に基準金利を50ベーシスポイント引き上げるという明確な兆候を固唾を飲んで待っており、安全資産である通貨を保有することで世界の不確実性から少し解放されることを楽しんでいます。

EURUSD

フランス大統領選でエマニュエル・マクロン氏が再選された後、EURUSDは上昇に転じることができませんでした。マクロン大統領は、5年後の大統領選に向け、EUに前向きな姿勢を示していることから、ユーロが上昇することが期待されました。しかし、EURUSD は、米国連邦準備制度理事会(FRB)のレトリックと欧州中央銀行(ECB)のレトリックの相違によって、依然として圧力がかかっている。それぞれが数十年にわたる高インフレに対処しているが、FRBはECBよりも迅速かつ積極的に動くと予想される。

EURUSDは火曜日に0.6%下落した後、1.064で取引されている。

USDJPY

日本と米国がさらなる円安を食い止めるために協調為替介入を実施することを協議したとの報道を受け、日本円は米ドルに対して急落するのを一時停止しました。米ドル円はその後128から127まで下落したが、20年来の安値からそれほど大きくは動いていない。5月に予定されているFRBの50ベーシスポイントの引き上げとは対照的な日銀の超金融緩和政策に対抗するには、介入は重要でなければならないかもしれない。

AUDUSD

AUDUSDは、鉄鉱石などの商品価格が急落する中(今週9.3%下落)、4%下落し、今週最も悪いパフォーマンスの1つとなっています。

AUDUSDは、火曜日に0.6%下落した後、現在0.7200を下回って取引されており、さらに下降する可能性があります。しかし、オーストラリアは、四半期インフレデータの発表を控えており、オーストラリア準備銀行が10年以上ぶりに同国で利上げを行う決意を固めることになると思われます。

GBPUSD

本日のワーストパフォーマーであるGBPUSDは、1%以上下落し、英国からの経済データの悪さに悩まされています。最近、投資家が英国の経済状態を心配するようなレポートが数多く発表されています。イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁が、景気後退の可能性と英国の労働市場の減速のリスクについて警告したのは、つい先週のことである。

ポンドは火曜日にかけて1.2%下落した後、対グリーンバックで1.269で取引されています。

主要な外国為替ペアだけに限定しないでください。BlackBull Marketsで23K以上の商品を取引するために今すぐサインアップしましょう.

twitter earnings

Twitter (NYSE:TWTR) は木曜日に第1四半期の業績を発表する予定ですが、一部のアナリストは、厳しい競争の中でインフラとマーケティング費用の増加を背景に、マイクロブログのプラットフォームが再び損失を出すと予想しています。

飽和する市場

かつて世界的に最も人気のあるソーシャルメディアチャンネルの一つであった同社は、TikTokやSnapchat (NYSE:SNAP) などのプラットフォームの出現により、特に若者にとっては古いニュースになっています。

Statistaのデータによると、Facebook(NASDAQ:FB)は2022年の月間アクティブユーザー数において、世界のSNSの中で依然として市場リーダーであり、Twitterはユーザー数においてWhatsApp、Instagram、WeChat、TikTok、Snapchat、Telegram、Pinterestに大きく遅れを取っています。

ここ数年の市場競争の激化により、Twitter社はここ数年、研究開発、営業・マーケティングへの支出を増やしています。

損失が膨らむ

2021年、Twitterの研究開発費は2020年から43%膨らんで12億5000万ドルとなり、営業・マーケティング費は前年比32%急増して11億8000万ドルとなった。これらにより、2021年の同社全体のコストと経費は51%増の55億7000万ドルに達し、通年では2億2100万ドルの純損失となった。

それでも、パンデミックによって同社の経営が打撃を受けた2020年の11億4000万ドルの純損失に比べれば、この数字は減少している。2022年第1四半期について、Twitterは前年同期の5200万ドルの営業利益に対し、GAAPベースの営業損失は2億2500万ドルから1億7500万ドルになると予想している。

またTwitterは、四半期の売上高を昨年の10億4000万ドルから11億7000万ドルから12億7000万ドルの範囲になると予想しています。アナリストは、第1四半期の売上が22%増の15億7000万ドルになり、同社の目標範囲を大幅に上回ると予想しています。アナリストは、第1四半期のツイッターの1株当たり利益を0.33ドルとし、昨年から13.2%減とした。

2021年第4四半期、広告の総契約数は前年同期比で12%減少したものの、Twitterは第4四半期の広告収入で14億1000万ドルを稼ぎ出し、前年同期比22%増を達成しました。

マスク氏の400億ドル提示

木曜日の決算発表に先立ち、Twitterはテスラ(NASDAQ:TSLA)とスペースXのCEOイーロン・マスク氏からの買収提案の話題となった。月曜日にニューヨーク・タイムズ紙は、Twitterが54.20ドル(取引総額400億ドル)の未承諾公開買い付けを開始した後、マスク氏への売却合意に近づいていると報じました。

この金額は、金曜日の時点におけるTwitterの現在の市場価値370億ドルからかなりのプレミアムを意味します。

マスク氏は、ツイッターに対する自身の計画をかなり明確にしています。億万長者が推定29億ドルで同社の9.2%の株式を取得する以前から、マスク氏はツイッターの方針がいかに言論の自由を妨げているかを声高に訴えてきました。しかし、テスラのCEOは過去にも、市場を大きく動かすような演出をし、自分が支配する企業にとってより大きな規制の懸念につながるという悪評を残してきた。

金曜日に公開されたTwitterの取締役会に宛てた手紙の中で、マスク氏は「Twitterには並外れた可能性がある。 私はそれを解き放つだろう "と述べています。

BlackBull MarketsでTWTRの株式とCFDを取引する

Inflation and tech earnings

来週は、オーストラリアと欧州の消費者物価が上昇し、インフレが最大の関心事となる。

2022年4月27日(水)

オーストラリア インフレ率前年比 第1四半期

オーストラリアの四半期インフレ報告は、今度の水曜日に予定されています。オーストラリアは、米国(8.5%)、英国(7%)、そして溝の向こうのニュージーランド(5.9%)など、他の地域で見られる最悪のインフレ圧力とは不思議なことに無縁である。

前四半期に記録したように、オーストラリアのインフレ率は3.5%です。しかし、次回もそれほど低水準にとどまるとは思われない。この数値は、オーストラリア準備銀行(RBA)が利上げに踏み切る前の最後のインフレ数値となる可能性が高い。RBAが利上げに踏み切れば、この種のものとしては10年以上ぶりとなる。

5月のRBAによる50ベーシスポイントの利上げが期待されているが、市場はこれをまだ豪ドルに織り込んでいないのだろうか。

豪ドル米ドルは0.745で取引されており、前回のRBA議事録の発表後に、銀行がアクセルから足を離す準備が整っていることが明らかになり、いくらか後退した後である。

AUDUSD D1

2022年4月29日(金)

EAインフレ率前年同月比4月

欧州圏のインフレ率は3月の最終値時点で過去最高を記録している。EAの前年同月比インフレ率は5.9%から7.5%に急上昇し、すでに大幅に上昇していた予想を大幅にオーバーシュートして6.6%となった。

欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁は、4月のインフレ率は5年連続で過去最高を更新すると予想した。ラガルドは、エネルギー価格が中期的に高止まりすることを予想している。

それでも、軽率かもしれないが、ECBがすぐに利上げに踏み切ることはないだろう。

2月のロシアによるウクライナ侵攻をきっかけにリスクオフの環境にあるユーロの強さに、また一つ歯止めがかかったと考えるのが賢明かもしれない。

EURUSD D1 vs Inflation in EA

市場を動かすであろう米国のハイテク企業

さらに、みんなが大好きなハイテク大手の決算報告も待っている。アップル(NASDAQ:AAPL)、マイクロソフト(NASDAQ:MSFTL)、アルファベット(NASDAQ:GOOG)、アマゾン(NASDAQ:AMZN)、メタ(NASDAQ:FB)などが今週中に最新の市場を動かす情報を市場に供給する。アルファベットとマイクロソフトは26日に、メタは27日に、アップルとアマゾンは28日に、それぞれ報告することになっている。

彼らの前回の決算報告が市場に与えた相当な混乱を考えると、投資家はその再現を警戒しているのかもしれない。有名なところでは、メタが前回の決算発表後1日で米国企業の最大の値下がり(2300億円)記録を打ち立てたことがある。

BlackBull Marketsで市場を動かすイベントを取引する

Quantitative Tightening

米連邦準備制度理事会(FRB)は3月の直近の政策会合で、バランスシートを月950億ドルのペースで縮小する計画を示唆した。これは、今後数カ月間の積極的な利上げに加え、高騰するインフレを抑制するための最新の試みである。

FRB幹部は、毎月最大600億ドルの財務省証券と約350億ドルの住宅ローン担保証券を削減することに「概ね合意」した。

しかし、FRBが計画しているバランスシートの削減とは、具体的に何を意味しているのだろうか。

FRB のバランスシートは,企業と同様,その資産と 負債の一覧表である。負債は流通する米国通貨や商業銀行が預かっている準備金などであり、資産は債券や社債などの財務省証券や住宅ローン担保証券(MBS)である。

量的緩和

COVID-19のような経済危機の際には、FRBは量的緩和と呼ばれる政策で資産を買い増します。量的緩和(QE)は資産購入としても知られ、FRBがインフレ率を目標範囲に押し上げるために利下げとは別に用いる手段の一つである。

2020年3月、FRBはマネーサプライを高め、米国の金融システムと経済へのパンデミックの影響を緩和するため、大規模な資産購入プログラムに踏み切り、何兆ドルもの国債とMBSを買い入れた。

FRBが2020年にQEに着手した時点では、中央銀行のバランスシートは4兆3100億ドルに過ぎなかった。それが今や、先週の時点で8兆9700億ドルという前代未聞の水準に膨れ上がり、米国の国家債務の約3分の1を占めるに至っている。

United States Central Bank Balance Sheet

量的引き締め

逆に,FRB は量的引き締め(QT),すなわちテーパリングを行い,資産購入のペースを下げたり,公開市場で資産を全面的に売却したりして,バランスシートを正常化させる。QTは、FRBが金利とは別に、経済のインフレと通貨供給に影響を与えるために用いる手段の1つである。

FRBのバランスシートを縮小する動きは、FRBが保有する資産に焦点を当てる。量的引き締めは、FRB が満期を迎えた証券の入れ替えを止めるため、経済における通貨供給量を減少させる。毎月950億ドルのペースでFRBが資産を圧縮すれば、過去に行った試みを上回るペースでマネーサプライが縮小することになる。

前回、FRBがバランスシートの縮小を試みたのは2017年から2019年にかけてで、FRBはバランスシートを3兆8000億ドル(毎月500億ドル)まで縮小することに成功したが、その半年後にパンデミックが米国経済に打撃を与えると再び資産を買い戻さざるを得なかった。

4月上旬に公表されたFRBの3月会合議事録によると、連邦公開市場委員会のメンバーは、「早ければ5月の委員会で」再びQTプロセスを開始する見込みであるという。

QTが株式市場にもたらすもの

中央銀行のQEプロセスでは、金利が引き下げられ、銀行システムの流動性が高まり、投資家がリスク資産にもっと投資するようになり、消費者がもっと消費するようになる。これに対し、FRBの資産テーパリングは株式市場に逆効果になると予想するアナリストもいる。

パー・スターリング・キャピタル・マネジメントのディレクター、ロバート・フィップス氏は最近のメモで、FRBのタカ派的な動きは「特に株式には逆風になるかもしれない」と述べている。

しかし、UBSは先のレポートで、QTプログラムの全体的な直接的影響は "限定的であろう "と述べている。

"投資家は資産リターンの構造的な足かせと見なすべきではない "とUBSは述べ、資産のテーパリングが流動性やインフレに大きな影響を与える可能性も低いと付け加えた。

米ドルへの影響

QTは、FRBが引き締めを行う際の金利上昇を織り込んだ動きであるため、ドルにとってポジティブな兆候とみなされている。さらに、FRB が満期を迎える証券の入れ替えを停止するため、資金供給が減少し、他のすべてが同じであれば、米ドルが上昇する可能性があります。

BlackBull Marketsで主要な市場イベントを取引する