nasdaq nt

米国のテクノロジー株のベンチマークであるナスダック総合指数は、5日(木)に2020年11月以来の安値まで下落しましたが、これはイーベイ(NASDAQ:EBAY)などの電子商取引企業の業績が振るわなかったことや、連邦準備制度の金融引き締めなどのマクロ経済的要因などが原因として挙げられます。

同指数は木曜日に4.99%下落し、12,317.69となった。ダウ平均は3.12%、S&P500は3.56%下落し、年初来で2番目の下げ幅となった。

嵐の前の静けさ

木曜日の下落前、ナスダックは3.19%上昇し、2020年以降で最大の上昇率を記録した。S&P500も同様に2.99%上昇し、こちらも約2年ぶりの大幅高となった。

水曜日の上昇は、FRBが金利を半ポイント引き上げ、これは市場で広く予想されていたことであり、パウエルFRB議長が、中央銀行が今後の会合でより積極的な利上げを検討することはないと述べたためである。

先週行われた利上げは、2000年5月以来50bpの引き上げとなり、中央銀行が赤熱したインフレと厳しい労働市場の手綱を緩めようとしていることを表している。

NAS100_2022-05-10_09-44-31
Nasdaq100 1H

積極的な利上げの可能性は低い

パウエル議長は先週水曜日、FRB金融政策会合後の記者会見で「75ベーシスポイントの引き上げは、委員会が積極的に検討しているものではない」と述べた。

水曜日の米国株への意欲は、これとパウエル氏が「経済は弾力的で、金融引き締めに耐える体制が整っている」と強調したことで拍車がかかった。楽観的な見方からアップル(NASDAQ:AAPL)とグーグル親会社のアルファベット(NASDAQ:GOOGL)の株価が上昇し、ともに4%超の上昇となった。

迅速な反転

しかし翌日、ウォール街の足を引っ張り、ナスダックが2020年以降で最も急激な速度で急落したハイテク売りの中で、アップルは5.6%、アルファベットは4.7%急落した。アマゾン(NASDAQ:AMZN)も7.6%沈み、テスラ(NASDAQ:TSLA)は8.3%下落した。

シーポート・グローバル・ホールディングスのマネージングディレクター、トム・ディ・ガロマ氏は、さらなる引き締めが進行中で、「インフレがどこにも行かないように見えるので」、株式の下落を買う理由はないと述べた。

ドイツ銀行のストラテジスト、ジム・リード氏は、木曜日の市場低迷は "このサイクルで効果的な「Fed Put」ができるかどうかを疑う要素があるはずだ "と警告した。

しかし、ING銀行のエコノミストは、急激な金利上昇は、経済に悪影響を及ぼすリスクが大きくなる可能性があると述べている。興味深いことに、英国の景気減速の話(イングランド銀行の利上げと連動)は、5月5日の急激な売りに直接つながった。

今週も売りが続く

今週、ナスダック総合指数は下落基調を続け、5月5日(月)にはさらに4.29%下落した。同指数は現在、13ヶ月ぶりの低水準にある。

月曜日は、前述のアマゾンが5.21%も下落し、ワーストパフォーマンスを記録しています。さらに、テスラ(NASDAQ:TSLA)とリビアン・オートモーティブ(NASDAQ:RIVN)が指数の重荷となり、それぞれ9%と20%以上急落した

CFD取引口座でNasdaq100をショートする

nzdusd nt

先週のNZDUSDは弱気な展開が続く中、水曜日に強い上昇を見せ、木曜日の高値を演出した。しかし、木曜日のロンドン、ニューヨークセッションで下落を続けたため、非常に早く売られた。

月曜日と火曜日は、ほぼ横ばいとなった。先週、ニュージーランドから届いたニュージーランドの失業率レポートは、唯一インパクトのあるニュースでしたが、大きな動きにはならず、NZDUSDは月曜日のレンジ内で推移しました。

先週は、水曜日にFOMC、金曜日に非農業部門雇用者数があり、米国から大きなファンダメンタルズ上のインパクトがありました。前者は、わずか数時間で130ピップス以上上昇し、ペアをレンジからようやく抜け出させたイベントでした。上記の通り、このペアはすぐにこの上昇を反転させ、最終的に0.77%下落して週を終えました。NZDUSD は、現在、月間で7.00%強の損失を計上しています。月間の時間スケールで次にパフォーマンスが悪いペアは、GBPUSD と AUDUSD で、それぞれ 5.63% と 5.48% の下落となりました。

チャートには、週足の始値、そして先週木曜日の高値が記されています。下のウィンドウには、TradingViewのストキャスティック・インディケーターが表示されています。

NZDUSD 1H

この指標を使用するトレーダーは、買われすぎや売られすぎのエリアを探そうとします - 指標がウィンドウの両端で極端な値を示しているときに、売りまたは買いが展開されているかどうかを判断します。また、FOMCのニュースの数時間前に見られるようなダイバージェンスにも使用される可能性があります。指標は安値を更新せず、NZD/USDは前場の安値よりやや下降する動きとなりました。

来週の影響度の高いイベント

今週のNZDUSDに関連するイベントは、米連邦準備制度理事会(FRB)高官の講演が多数あります。アトランタ連銀のラファエル・ボスティック総裁が月曜日と火曜日に講演し、6月のFRBの75ベーシスポイント引き上げへの期待がさらに薄れそうだ。ボスティックの後にジョン・C・ウィリアムズ(ニューヨーク連銀)やクリストファー・ウォーラー(総務会)など、よりタカ派な当局者がマイクを握り、ボスティックとパウエルFRB議長のハト派に対するケースを構築する可能性があります。

今週は、米国の4月インフレ率前年同月比が登場する。このレポートは水曜日(UTC+4)に予定されており、3月の8.5%から8.0%に近づくと予想されています。

NZDUSDを取引するためにライブアカウントを開設する

wheat ban

インド、小麦の輸出制限を検討

インドが地元産の小麦の輸出を制限する案を検討している。

このような動きは、小麦のグローバルサプライチェーンを混乱させ、2022年にこの現金作物の市場に影響を与えた出来事のリストに追加される可能性が高い。インドは伝統的に小麦の主要輸出国ではないが、ロシアのウクライナ侵攻による供給懸念から、輸入業者はインドを含む他国に目を向けている。

インド政府は、2つの事象の出現を受け、人口に対する小麦の供給を確保するために、小麦の輸出制限を検討しています。1つは、インドの農家が今シーズン、熱波によって農作物に打撃を受け、通常の小麦の収量を維持するのに苦労していることです。一方、もうひとつは、世界価格が上昇し、生産された小麦の輸出を誘引していることである。

この動きは、先月インドネシアが行ったパーム油の輸出規制と同じようなものだ。
インドの小麦輸出規制のニュースが流れた直後、小麦先物の価格は3%上昇した。このニュースが流れる前、小麦先物は少なくとも数日間、落ち着いた取引レンジに落ち着くように見えた。

wheat
Wheat futures 4H

EU、ロシアの石油禁止を計画

欧州連合(EU)は、2022年末までにロシアの石油輸入を禁止する確定的な計画に近づいているようだ。

EUがロシアに対して提案している第6次制裁措置には、来月から段階的に石油の輸入禁止が盛り込まれ、海運や保険などの関連産業はロシアの石油会社との取引を禁止されることになる。

EUはロシアから1日350万バレルの石油を輸入しているため、他の手段でエネルギー需要を満たす必要がある。これが世界のサプライチェーンにどのような混乱をもたらすかを知っている投資家は、今週WTIとブレント原油先物をそれぞれ2.75%と3.55%上昇させている。

Brent Futures 1H

小麦と原油の先物を取引するために、今すぐライブ口座を開設してください。

DXY gold nt

米国連邦準備制度理事会が50ベーシスポイントの利上げを決定したことを受け、米ドル指数(DXY)は、急激に下落し、直近のサポートである103.00を割り込みました。

この決定までの数日間および数週間、米ドルドルは主要なパートナーに対して絶好調で、ドルインデックスは104.00レベル直下で20年ぶりの高値に到達するのに貢献しました。

FRBが5月に実施した利上げは、この22年間で最大のものであり、2回連続の利上げで、その利率は1.00%になった。同時にパウエルFRB議長が6月の会合で75ベーシスポイントの利上げの可能性が低いことを示唆し、米ドルに対する熱意が冷めた可能性がある。しかし、長期的な上昇トレンドはまだ維持されている可能性がある。

現状では、米ドル指数は102.50に位置している。指数に大きな影響を与えたペアは、AUDUSD (2.2% 上昇)、NZDUSD (1.7% 上昇)、GBPUSD (1.0% 上昇)である。

DXY D1

金市場では、方向性はよりポジティブになっています。

XAUUSDは、米連邦準備制度理事会の決定のニュースを受け、反発した。しかし、トレーダーが好むこの商品は、1890ドルで抵抗をみつけている。その後の会合でのFRBのタカ派的な姿勢が疑問視されており、債券利回りの後退は金の上昇幅を限定的にしているため、今週は1900ドル台は金にとって遠すぎる橋と呼んでもいいかもしれない。

今後のニュースとしては、今週末に非農業部門雇用者数(NFP)報告書が予定されています。このNFPレポートとFRBの利上げ決定による波乱の余韻が重なると、金に波乱が起こる可能性があります。

XAUUSDの短期的な結果は、もしかしたら1890ドルと1880ドルの間で統合されるかもしれません。

XAUUSD 1H

BlackBull Marketsで主要な市場イベントを取引する

nfts nt

1990年代後半のドットコムブームが2000年のドットコムバブルに繋がって以来、過去20年の間に、人工知能、ブロックチェーン技術、暗号通貨、そして最近ではNFT(Non Fungible Token)など、いくつかの新しい技術投資のトレンドが生まれています。

NFTの説明

NFTは、交換することができない(non-fungible)ユニークでユニークなデジタルトークンです。あるデジタル資産に関連するNFTを保有することで、保有者がその資産の正当な所有者であることが示され、その情報はブロックチェーン上に存在します。

過去1年間で最も注目されたNFTの売買には、オークションハウス「クリスティーズ」で6900万ドルで落札されたビープルとしても知られるマイク・ウィンケルマンのデジタルプリント作品、290万ドルで売れたツイッター創設者ジャック・ドーシーの最初のツイート、400万ドルで売れたオリジナル「ドージェ」ミームなどがある。

NFTの流行に乗る

NFTの人気が爆発的に高まると、多くのブランドがこのトレンドに乗り出し、成長する市場で利益を得るとともに、新製品のプロモーションを行うことを狙いました。NFTはデジタル・コレクターズ・アイテムとして認識され、より多くの顧客を獲得するために、NFT専用の製品を発売しようとするブランドもありました。

その中には、マクドナルド(NYSE:MCD)、Yum! Brands傘下の(NYSE:YUM)タコベル、キャンベルスープ(NYSE:CPB)などの食品ブランドや、ルイヴィトン、グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、ナイキ(NYSE:NKE)などのファッションブランドなどである。

10月には、マクドナルドが初めてNFTを開始し、11月にマックリブがメニューに復帰したことを記念して、MCNFTと呼ばれるNFTを数量限定で提供しました。10月28日の発表後、マクドナルドの株価は1%強上昇した。

タコベルは2021年3月にNFTマーケットプレイスRaribleで25個のNFT GIFをオークションに出品し、マクドナルドより先にこのトレンドに飛びつきました。Yum! Brandsの株価は、NFTグッズへの進出を明らかにした後、ほとんど動きませんでした。

一方、ナイキは、RTFKT(アーティファクトと発音)というNFTグッズのスタジオを買収するという別のルートで、NFTの流行に乗った。12月に発表されたこの買収も、同社の株価を押し上げるには至らず、買収を発表した翌日には小幅に下落した。

株式市場の反応は鈍い

NFTに参入する企業のニュースに対する株式市場の反応は鈍く、伝統的な投資家はまだNFTの誇大広告を完全に受け入れていないことを示唆している。むしろ、彼らはこのデジタルトークンを賞味期限の短いマーケティング戦略の1つとして認識しているのかもしれません。

NFTと株式の関係は現段階ではまだ複雑ですが、興味深いことに、ニューヨーク証券取引所はこの新しい投資形態に近づいています。NYSEは2月、NFTのマーケットプレイスとして「NYSE」という名称を登録申請しており、NFTと投資の絡みはこれからが本番と言えそうです。

注:BlackBull Marketsは、NFTを取引する機会を提供していません。しかし、上記の企業を含め、このテクノロジーに足を踏み入れた企業を取引する機会は提供しています。

ruble

クレムリンの外部資源へのアクセスを遮断し、ウクライナに対する戦争の資金調達能力を麻痺させることを目的とした西側諸国による制裁にもかかわらず、ルーブルを支えるロシアの努力は功を奏しているように見える。

先週、ルーブルは対ユーロ、対米ドルで2年ぶりの高値に急騰し、戦争中に失ったものを取り戻した。この上昇は、金曜日にロシアがユーロ債のデフォルトを回避するために最後の手段を講じたことが引き金となった。

ロシア財務省は金曜日に、2022年のユーロ債の利子5億6480万ドルと2042年の別の債券の利子8440万ドルを支払ったと発表した。両方の支払いは米ドルで行われ、ルーブルで負債を支払うという以前の脅迫から一転したことを示した。

今週初め、ルーブルは好調を維持し、USDRUBは約3%下落した。現状では、ルーブルは1米ドルあたり69円以下で取引されている。

USDRUB W1

選択的債務不履行への格付け引き下げ

この債券の支払いに先立ち、ロシアは先にドル建て債券をルーブルで支払っており、S&Pグローバル・レーティングスによる "セレクティブ・デフォルト "への格付け引き下げを引き起こした。

格付け会社は、ロシアへの制裁が今後数週間で悪化すると予測されるため、投資家はこれらの支払いを支払額相当のドルに変換することはできないだろう、と述べた。

ルーブルのガス

ルーブルを強化し、西側の制裁に報復するために、世界有数の産油国であるロシアは、自国の天然ガスの「非友好的」な買い手にルーブルで支払うよう要求した。多くの欧州連合(EU)首脳はクレムリンの要求をすぐに拒否したが、ドイツ最大のエネルギー企業の1つであるウニパー社は、ユーロでの支払いをルーブルに変換することでロシアのガスを購入する用意があると述べた。

"我々は制裁法とロシアの法令に準拠した支払い変換が可能であると考えている "と広報担当者は最近BBCに引用され、ロシアのガスの不在は "我々の経済にとって劇的な結果をもたらすだろう "と付け加えた。

ロシアの国営エネルギー大手ガスプロムは最近、ポーランドとブルガリアへのガス供給を、ルーブルでの支払い拒否を理由に打ち切った。

コモディティ大国

ロシアの石油や小麦などの商品に対する多くの国の依存は、ルーブルの崩壊を回避するのに役立ち、今後通貨を支える役割を果たす可能性がある。

ロシア政府高官であるヴォロディン氏は1ヶ月以上前に、ロシアは小麦、肥料、木材など他の商品に対してルーブルでの支払いを要求すべきだと述べ、欧米政府はロシアを制裁するという決定の代償を払わなければならない、と付け加えた。

なお、BlackBull Marketsでは、ウクライナ侵攻を受けてロシア・ルーブルの取引を一時的に停止しています。天然ガスや小麦などの接収商品は、まだ取引可能です。

interest rate decision USD

米ドルは、外貨建て通貨と比較して相対的に堅調に推移している。年初来、8%近く上昇している。月末の取引日である4月29日の終値は103.21ドルだった。

DXY D1

続伸し、上昇トレンドは維持されている。4月26日には、チャネル上限をブレイクして新高値を更新するなど、その勢いは並大抵のものではなかった。新高値に次ぐ新高値で引け、パラボリックな週(4月22日~28日)となっていました。

注)DXY指数は、主要貿易相手国のバスケットに対する米ドル高を示す指標です。

ベスト・オブ・ワースト

過去1ヶ月間、米ドルに対して最も弱くなった通貨は、ニュージーランドドル(7.4%下落)、オーストラリアドル(6.3%下落)、大英ポンド(4.1%下落)である。

DXY D1 yearly view

FED の利上げ決定を控えて、米ドルの現状を全体的に把握するためにズームアウトしてみる。現在、米ドルは長期的な重要抵抗線(103-104ドル)内で取引されている。前回、米ドルがこれほど強かったのは、パンデミックが始まったばかりで、潜在的な影響が織り込まれていなかった2020年3月のことである。

それにもかかわらず、米ドルは、米国が現在経験している経済的なハードルにもかかわらず、その弾力的で強固な強さ/価値を例証している。

FRB利上げ決定

今週の主要な経済イベントは、水曜日に予定されている米連邦準備制度理事会(FRB)の金利決定である。米FRBが利上げすると予想される額は25~50bp。しかし、ブラード・セントルイス連銀総裁など一部のFRB幹部は、75bpの利上げが正当化されるとの考えを前向きに打ち出している。

BlackBull Marketsに登録して、この潜在的な取引機会をお見逃しなく。

BOJ Japanese yen

日本銀行(BOJ)は、他のどの銀行とも異なり、日本の株式市場において巨大なプレーヤーとなっています。金融政策の実験として始めたことが、中央銀行が資本市場を下支えするために取ることのできる介入の範囲について、政策立案者にとっての注意点として説明するエコノミストもいるほどである。

ブルームバーグによれば、過去10年間、日銀は日本の上場投資信託(ETF)の80%を買い占め、日本の6兆ドルの株式市場の約7%を占めるに至った。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2021年3月期年次報告書によると、政府は47兆円超の日本株を保有していた。GPIFは資産額で日本最大の公的資金投資家だ。

世界の他の地域では、ETFは産業別に特定の銘柄のパフォーマンスを監視するために使われているが、日本は経済成長に拍車をかける目的で、ETF投資をインフレ抑制のために使ってきた。

日本銀行は2010年後半から、量的・質的緩和策の一環として、ETFを通じて日本の取引所に上場している株式を取得し、この戦略を採用するようになりました。

ETFの購入プログラムは、中央銀行による日本国債の購入の一部として始まり、その後、日銀は株価を上昇させ、それによって企業の事業拡大への支出を促し、雇用を増やし、インフレ率を上昇させることを期待して、株式ファンドの購入を試しました。

しかし、ETF買い入れを始めてから6年経っても日銀はインフレ目標を達成できず、黒田東彦総裁は輸出の多い日本経済に打撃を与える円高を防ぐためにマイナス金利を導入することになった。

現状では、日本円は1米ドル130円台で取引されており、通貨としては20年ぶりの安値であり、介入なしには円安圏に向かう可能性がある。黒田総裁は円安を歓迎しているが、ロイターは、日本がさらなる円安を食い止めるために為替介入を検討している可能性があると報じた。ロイターの報道により、米ドル円は1米ドル=129円という1カ月に1度の抵抗を上回った。

USDJPY 1H

株式以外にも、日銀は2021年末時点で総額521兆円もの日本国債を大量に積み上げている。しかし、日銀は金融リスクが迫っているとの懸念から、国債買い入れプログラムの縮小を図り、保有国債の水準は13年ぶりに低下している。

ここから先は?

2022年まで早送りすると、日銀はまだ膨大な量の債券と株式を抱え、売りに出れば国の資本市場に悪影響を及ぼすため、中央銀行が簡単に減らせない可能性がある。

"銀行は行き止まりに囲まれていた。もう何もできないところに追い詰められていた」と東短リサーチの加藤出社長はブルームバーグから引用している。

2019年に入り、黒田氏は日銀のETF買い入れプログラムを擁護し、影響力を歪めているとの懸念を払拭した。

「現時点では、我々のETF購入が市場機能に影響を与えているとは思わない…しかし、我々は負の副作用がないことを確認するために監視を続けている」と黒田氏はフィナンシャルタイムズから引用されている。

最近では、3月に日銀の保有株への懸念が高まる中、日銀総裁は、インフレ率がまだ持続的に2%に達していないため、中央銀行がどのようにETF保有額を縮小できるかを含め、量的緩和からの出口を議論するのは時期尚早だと述べた。

黒田総裁はまた、日銀が株式保有を縮小することを決定した場合、日銀の損失と金融市場の混乱を最小限に抑えるような戦略を採用することを示唆した。

「今、売るわけにはいかない。株価は確実に下がる……。セゾン・アセット・マネジメントのポートフォリオ・マネジャー、瀬下哲男氏は今月初め、「マイナスの影響はかなり大きいだろう」と述べた。

BlackBull Marketsで日本円と株式を売り買いする。

global

世界的なロシア不買運動や、クレムリンのウクライナに対する行動に対する国際的な非難にもかかわらず、一部の多国籍企業はさまざまな理由からロシアからの撤退やプレゼンスの縮小の要求を退け、従来どおりのビジネスの継続を選択している。

ロシアとウクライナの紛争は、ロシアが2月24日にウクライナへの侵攻を開始して以来、2カ月にわたって長引いている。この危機は、原油を中心とした世界的な商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱、食糧不足、ウクライナの大気・水・土壌への環境影響などを引き起こしています。

戦争が始まった当初、ロシアでは、ウクライナの人々に対する戦争に資金を提供しているという烙印を押されるのを避けようとするグローバル企業の大規模な国外脱出が見られました。

企業の国外流出

戦争の中でロシアとの関係を絶った多国籍企業の長いリストには、ペイパル(NASDAQ:PYPL)、フォードモーター(NYSE:F)、フォルクスワーゲン(FRA:VOW)、トヨタ自動車(NYSE:TM)、ボーイング(NYSE: BA)、Airbus、Diageo(NYSE:DEO)、Apple(NASDAQ:AAPL)、Samsung Electronics(KRX:005930)、Walt Disney(NYSE:DIS)、Netflix(NASDAQ:NFLX)や石油メジャーBP(NYSE:BP)、ExxonMobil(NYSE:XOM)やShell(NYSE:SHEL)なども参入しています。

シェルは最近、ロシアのガスプロムとの合弁会社から社員を撤退させ始め、同社がロシアの石油取引から撤退すると発表してから1カ月以上が経過した。

エール大学経営大学院(Yale SOM)の集計によると、現在までに750社以上がすでにロシアとの関係を断ち切っている。

世論の圧力に抗して

すでに数十社がロシアから撤退したり、事業を縮小したりしているが、戦争マシンへの資金提供をやめるようにという声に逆らって、ロシアにとどまることを選択する企業も少なくない。

アメリカの財閥であるコーク・インダストリーズもその一つだ。3月中旬、コーク社の社長兼最高執行責任者のデーブ・ロバートソン氏は、同社の子会社であるガーディアン・インダストリーズについて、「ロシアにいる従業員から手を引くことも、ロシア政府が操業して利益を得られるような製造施設を引き渡すこともしない」と述べた。

非営利団体Don't Fund WarのエールSOMリストの評価によると、コッホ社以外にも、ロシアで実質的な事業を継続しながら、撤退や活動縮小の要求を拒んでいるか、将来の投資計画を延期している多国籍企業が約330社あるとのことです。

技術系企業は存続

このリストには、中国のハイテク・ゲーム大手のテンセント(HKG:0700)と中国の電子商取引会社アリババ・グループ(NYSE:BABA)が含まれています。テンセントは戦争に味方することを避けてきたが、先月、ウクライナ紛争のような敏感な話題を議論する際には客観的になるよう、ユーザーに訴えた。近年ロシアで存在感を高めているアリババは、戦争における姿勢について沈黙を守っている。

中国で規制当局の厳しい監視を受けているディディ・グローバル(NYSE:DIDI)は、ロシアからの撤退という以前の決定をすぐに覆し、同市場のドライバーや乗客へのサービスを継続するとしていた。

コンピューターメーカーのLenovo (HKG:0992) とAsus (TPE:2357) は、同業のAcer (TPE:2353) が今月初めに世界的な不買運動に加わることを決めた後も、コンピューター関連製品を販売するためにロシアに留まることを選択しました。

Samsung Electronics (KRX:005930) に次いでロシアで2番目に売れているスマートフォンブランドの Xiaomi (HKG:1810) も、ロシアでの計画について沈黙を守っている。同ブランドは2017年に同市場に進出した。

ハイテク企業以外では、ネスレ(SWX:NESN)、プロクター&ギャンブル(NYSE:PG)、ファイザー(NYSE:PFE)、メルク(NYSE:MRK)などのグローバル企業が戦争中のロシアで時間稼ぎをしている。彼らは、進行中の臨床試験の患者登録を一時停止するか、事業を縮小して新規投資を停止するか、あるいは必要以外の輸入や輸出を停止しているのだ。

3月のワシントンポスト紙によると、ロシアにある数十社の企業が撤退するのはますます難しくなってきていると言う専門家もいる。

ノートルダム大学メンドーサ・ビジネス・カレッジのジェームズ・オルーク教授(経営学)は、「これは、積極的な投資解除が最良の選択肢となる歴史的な瞬間の一つかもしれない…兌換通貨でロシアからお金を出し入れできないなら、そこにいる意味はあるのか」と、ワシントンポスト紙から引用している。

テンセント、アリババ、ディディなど、BlackBull Marketsで23Kの世界株式を取引する

currency

米ドル・ドルは、貿易相手国に対して地歩を譲っていない。実際、米ドル指数は2年ぶりの高値を更新し、2020年3月以来の102円台を超えたところである。投資家は、米国連邦準備制度理事会が5月に基準金利を50ベーシスポイント引き上げるという明確な兆候を固唾を飲んで待っており、安全資産である通貨を保有することで世界の不確実性から少し解放されることを楽しんでいます。

EURUSD

フランス大統領選でエマニュエル・マクロン氏が再選された後、EURUSDは上昇に転じることができませんでした。マクロン大統領は、5年後の大統領選に向け、EUに前向きな姿勢を示していることから、ユーロが上昇することが期待されました。しかし、EURUSD は、米国連邦準備制度理事会(FRB)のレトリックと欧州中央銀行(ECB)のレトリックの相違によって、依然として圧力がかかっている。それぞれが数十年にわたる高インフレに対処しているが、FRBはECBよりも迅速かつ積極的に動くと予想される。

EURUSDは火曜日に0.6%下落した後、1.064で取引されている。

USDJPY

日本と米国がさらなる円安を食い止めるために協調為替介入を実施することを協議したとの報道を受け、日本円は米ドルに対して急落するのを一時停止しました。米ドル円はその後128から127まで下落したが、20年来の安値からそれほど大きくは動いていない。5月に予定されているFRBの50ベーシスポイントの引き上げとは対照的な日銀の超金融緩和政策に対抗するには、介入は重要でなければならないかもしれない。

AUDUSD

AUDUSDは、鉄鉱石などの商品価格が急落する中(今週9.3%下落)、4%下落し、今週最も悪いパフォーマンスの1つとなっています。

AUDUSDは、火曜日に0.6%下落した後、現在0.7200を下回って取引されており、さらに下降する可能性があります。しかし、オーストラリアは、四半期インフレデータの発表を控えており、オーストラリア準備銀行が10年以上ぶりに同国で利上げを行う決意を固めることになると思われます。

GBPUSD

本日のワーストパフォーマーであるGBPUSDは、1%以上下落し、英国からの経済データの悪さに悩まされています。最近、投資家が英国の経済状態を心配するようなレポートが数多く発表されています。イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁が、景気後退の可能性と英国の労働市場の減速のリスクについて警告したのは、つい先週のことである。

ポンドは火曜日にかけて1.2%下落した後、対グリーンバックで1.269で取引されています。

主要な外国為替ペアだけに限定しないでください。BlackBull Marketsで23K以上の商品を取引するために今すぐサインアップしましょう.