Mark O' Donnell
 · 
Research Analyst
4月 26, 2022
 · 

木曜日の決算を前に、ツイッターをトレードするために知っておくべきこと

twitter earnings

Twitter (NYSE:TWTR) は木曜日に第1四半期の業績を発表する予定ですが、一部のアナリストは、厳しい競争の中でインフラとマーケティング費用の増加を背景に、マイクロブログのプラットフォームが再び損失を出すと予想しています。

飽和する市場

かつて世界的に最も人気のあるソーシャルメディアチャンネルの一つであった同社は、TikTokやSnapchat (NYSE:SNAP) などのプラットフォームの出現により、特に若者にとっては古いニュースになっています。

Statistaのデータによると、Facebook(NASDAQ:FB)は2022年の月間アクティブユーザー数において、世界のSNSの中で依然として市場リーダーであり、Twitterはユーザー数においてWhatsApp、Instagram、WeChat、TikTok、Snapchat、Telegram、Pinterestに大きく遅れを取っています。

ここ数年の市場競争の激化により、Twitter社はここ数年、研究開発、営業・マーケティングへの支出を増やしています。

損失が膨らむ

2021年、Twitterの研究開発費は2020年から43%膨らんで12億5000万ドルとなり、営業・マーケティング費は前年比32%急増して11億8000万ドルとなった。これらにより、2021年の同社全体のコストと経費は51%増の55億7000万ドルに達し、通年では2億2100万ドルの純損失となった。

それでも、パンデミックによって同社の経営が打撃を受けた2020年の11億4000万ドルの純損失に比べれば、この数字は減少している。2022年第1四半期について、Twitterは前年同期の5200万ドルの営業利益に対し、GAAPベースの営業損失は2億2500万ドルから1億7500万ドルになると予想している。

またTwitterは、四半期の売上高を昨年の10億4000万ドルから11億7000万ドルから12億7000万ドルの範囲になると予想しています。アナリストは、第1四半期の売上が22%増の15億7000万ドルになり、同社の目標範囲を大幅に上回ると予想しています。アナリストは、第1四半期のツイッターの1株当たり利益を0.33ドルとし、昨年から13.2%減とした。

2021年第4四半期、広告の総契約数は前年同期比で12%減少したものの、Twitterは第4四半期の広告収入で14億1000万ドルを稼ぎ出し、前年同期比22%増を達成しました。

マスク氏の400億ドル提示

木曜日の決算発表に先立ち、Twitterはテスラ(NASDAQ:TSLA)とスペースXのCEOイーロン・マスク氏からの買収提案の話題となった。月曜日にニューヨーク・タイムズ紙は、Twitterが54.20ドル(取引総額400億ドル)の未承諾公開買い付けを開始した後、マスク氏への売却合意に近づいていると報じました。

この金額は、金曜日の時点におけるTwitterの現在の市場価値370億ドルからかなりのプレミアムを意味します。

マスク氏は、ツイッターに対する自身の計画をかなり明確にしています。億万長者が推定29億ドルで同社の9.2%の株式を取得する以前から、マスク氏はツイッターの方針がいかに言論の自由を妨げているかを声高に訴えてきました。しかし、テスラのCEOは過去にも、市場を大きく動かすような演出をし、自分が支配する企業にとってより大きな規制の懸念につながるという悪評を残してきた。

金曜日に公開されたTwitterの取締役会に宛てた手紙の中で、マスク氏は「Twitterには並外れた可能性がある。 私はそれを解き放つだろう "と述べています。

BlackBull MarketsでTWTRの株式とCFDを取引する

Trade with an award-winning broker
Start trading in less than 5 minutes