NFTに足を踏み入れている上場企業とは?

nfts nt

1990年代後半のドットコムブームが2000年のドットコムバブルに繋がって以来、過去20年の間に、人工知能、ブロックチェーン技術、暗号通貨、そして最近ではNFT(Non Fungible Token)など、いくつかの新しい技術投資のトレンドが生まれています。

NFTの説明

NFTは、交換することができない(non-fungible)ユニークでユニークなデジタルトークンです。あるデジタル資産に関連するNFTを保有することで、保有者がその資産の正当な所有者であることが示され、その情報はブロックチェーン上に存在します。

過去1年間で最も注目されたNFTの売買には、オークションハウス「クリスティーズ」で6900万ドルで落札されたビープルとしても知られるマイク・ウィンケルマンのデジタルプリント作品、290万ドルで売れたツイッター創設者ジャック・ドーシーの最初のツイート、400万ドルで売れたオリジナル「ドージェ」ミームなどがある。

NFTの流行に乗る

NFTの人気が爆発的に高まると、多くのブランドがこのトレンドに乗り出し、成長する市場で利益を得るとともに、新製品のプロモーションを行うことを狙いました。NFTはデジタル・コレクターズ・アイテムとして認識され、より多くの顧客を獲得するために、NFT専用の製品を発売しようとするブランドもありました。

その中には、マクドナルド(NYSE:MCD)、Yum! Brands傘下の(NYSE:YUM)タコベル、キャンベルスープ(NYSE:CPB)などの食品ブランドや、ルイヴィトン、グッチ、ドルチェ&ガッバーナ、ナイキ(NYSE:NKE)などのファッションブランドなどである。

10月には、マクドナルドが初めてNFTを開始し、11月にマックリブがメニューに復帰したことを記念して、MCNFTと呼ばれるNFTを数量限定で提供しました。10月28日の発表後、マクドナルドの株価は1%強上昇した。

タコベルは2021年3月にNFTマーケットプレイスRaribleで25個のNFT GIFをオークションに出品し、マクドナルドより先にこのトレンドに飛びつきました。Yum! Brandsの株価は、NFTグッズへの進出を明らかにした後、ほとんど動きませんでした。

一方、ナイキは、RTFKT(アーティファクトと発音)というNFTグッズのスタジオを買収するという別のルートで、NFTの流行に乗った。12月に発表されたこの買収も、同社の株価を押し上げるには至らず、買収を発表した翌日には小幅に下落した。

株式市場の反応は鈍い

NFTに参入する企業のニュースに対する株式市場の反応は鈍く、伝統的な投資家はまだNFTの誇大広告を完全に受け入れていないことを示唆している。むしろ、彼らはこのデジタルトークンを賞味期限の短いマーケティング戦略の1つとして認識しているのかもしれません。

NFTと株式の関係は現段階ではまだ複雑ですが、興味深いことに、ニューヨーク証券取引所はこの新しい投資形態に近づいています。NYSEは2月、NFTのマーケットプレイスとして「NYSE」という名称を登録申請しており、NFTと投資の絡みはこれからが本番と言えそうです。

注:BlackBull Marketsは、NFTを取引する機会を提供していません。しかし、上記の企業を含め、このテクノロジーに足を踏み入れた企業を取引する機会は提供しています。