プラットフォーム

BlackBull Marketsは、世界的に有名なMetaTrader4を提供します。お好みのプラットフォームにダウンロードしてください。 詳細をご覧ください。
仮想プライベートサーバー
VPS取引
NYCサーバー
BeeksFX
Mark O' Donnell
 · 
Research Analyst
4月 20, 2022
 · 

量的引き締めは株式と米ドルに何を意味するのか?

Quantitative Tightening

米連邦準備制度理事会(FRB)は3月の直近の政策会合で、バランスシートを月950億ドルのペースで縮小する計画を示唆した。これは、今後数カ月間の積極的な利上げに加え、高騰するインフレを抑制するための最新の試みである。

FRB幹部は、毎月最大600億ドルの財務省証券と約350億ドルの住宅ローン担保証券を削減することに「概ね合意」した。

しかし、FRBが計画しているバランスシートの削減とは、具体的に何を意味しているのだろうか。

FRB のバランスシートは,企業と同様,その資産と 負債の一覧表である。負債は流通する米国通貨や商業銀行が預かっている準備金などであり、資産は債券や社債などの財務省証券や住宅ローン担保証券(MBS)である。

量的緩和

COVID-19のような経済危機の際には、FRBは量的緩和と呼ばれる政策で資産を買い増します。量的緩和(QE)は資産購入としても知られ、FRBがインフレ率を目標範囲に押し上げるために利下げとは別に用いる手段の一つである。

2020年3月、FRBはマネーサプライを高め、米国の金融システムと経済へのパンデミックの影響を緩和するため、大規模な資産購入プログラムに踏み切り、何兆ドルもの国債とMBSを買い入れた。

FRBが2020年にQEに着手した時点では、中央銀行のバランスシートは4兆3100億ドルに過ぎなかった。それが今や、先週の時点で8兆9700億ドルという前代未聞の水準に膨れ上がり、米国の国家債務の約3分の1を占めるに至っている。

United States Central Bank Balance Sheet

量的引き締め

逆に,FRB は量的引き締め(QT),すなわちテーパリングを行い,資産購入のペースを下げたり,公開市場で資産を全面的に売却したりして,バランスシートを正常化させる。QTは、FRBが金利とは別に、経済のインフレと通貨供給に影響を与えるために用いる手段の1つである。

FRBのバランスシートを縮小する動きは、FRBが保有する資産に焦点を当てる。量的引き締めは、FRB が満期を迎えた証券の入れ替えを止めるため、経済における通貨供給量を減少させる。毎月950億ドルのペースでFRBが資産を圧縮すれば、過去に行った試みを上回るペースでマネーサプライが縮小することになる。

前回、FRBがバランスシートの縮小を試みたのは2017年から2019年にかけてで、FRBはバランスシートを3兆8000億ドル(毎月500億ドル)まで縮小することに成功したが、その半年後にパンデミックが米国経済に打撃を与えると再び資産を買い戻さざるを得なかった。

4月上旬に公表されたFRBの3月会合議事録によると、連邦公開市場委員会のメンバーは、「早ければ5月の委員会で」再びQTプロセスを開始する見込みであるという。

QTが株式市場にもたらすもの

中央銀行のQEプロセスでは、金利が引き下げられ、銀行システムの流動性が高まり、投資家がリスク資産にもっと投資するようになり、消費者がもっと消費するようになる。これに対し、FRBの資産テーパリングは株式市場に逆効果になると予想するアナリストもいる。

パー・スターリング・キャピタル・マネジメントのディレクター、ロバート・フィップス氏は最近のメモで、FRBのタカ派的な動きは「特に株式には逆風になるかもしれない」と述べている。

しかし、UBSは先のレポートで、QTプログラムの全体的な直接的影響は "限定的であろう "と述べている。

"投資家は資産リターンの構造的な足かせと見なすべきではない "とUBSは述べ、資産のテーパリングが流動性やインフレに大きな影響を与える可能性も低いと付け加えた。

米ドルへの影響

QTは、FRBが引き締めを行う際の金利上昇を織り込んだ動きであるため、ドルにとってポジティブな兆候とみなされている。さらに、FRB が満期を迎える証券の入れ替えを停止するため、資金供給が減少し、他のすべてが同じであれば、米ドルが上昇する可能性があります。

BlackBull Marketsで主要な市場イベントを取引する

Trade with an award-winning broker
Start trading in less than 5 minutes