これらのグローバル企業は歴史の正しい側にいるのだろうか?

global

世界的なロシア不買運動や、クレムリンのウクライナに対する行動に対する国際的な非難にもかかわらず、一部の多国籍企業はさまざまな理由からロシアからの撤退やプレゼンスの縮小の要求を退け、従来どおりのビジネスの継続を選択している。

ロシアとウクライナの紛争は、ロシアが2月24日にウクライナへの侵攻を開始して以来、2カ月にわたって長引いている。この危機は、原油を中心とした世界的な商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱、食糧不足、ウクライナの大気・水・土壌への環境影響などを引き起こしています。

戦争が始まった当初、ロシアでは、ウクライナの人々に対する戦争に資金を提供しているという烙印を押されるのを避けようとするグローバル企業の大規模な国外脱出が見られました。

企業の国外流出

戦争の中でロシアとの関係を絶った多国籍企業の長いリストには、ペイパル(NASDAQ:PYPL)、フォードモーター(NYSE:F)、フォルクスワーゲン(FRA:VOW)、トヨタ自動車(NYSE:TM)、ボーイング(NYSE: BA)、Airbus、Diageo(NYSE:DEO)、Apple(NASDAQ:AAPL)、Samsung Electronics(KRX:005930)、Walt Disney(NYSE:DIS)、Netflix(NASDAQ:NFLX)や石油メジャーBP(NYSE:BP)、ExxonMobil(NYSE:XOM)やShell(NYSE:SHEL)なども参入しています。

シェルは最近、ロシアのガスプロムとの合弁会社から社員を撤退させ始め、同社がロシアの石油取引から撤退すると発表してから1カ月以上が経過した。

エール大学経営大学院(Yale SOM)の集計によると、現在までに750社以上がすでにロシアとの関係を断ち切っている。

世論の圧力に抗して

すでに数十社がロシアから撤退したり、事業を縮小したりしているが、戦争マシンへの資金提供をやめるようにという声に逆らって、ロシアにとどまることを選択する企業も少なくない。

アメリカの財閥であるコーク・インダストリーズもその一つだ。3月中旬、コーク社の社長兼最高執行責任者のデーブ・ロバートソン氏は、同社の子会社であるガーディアン・インダストリーズについて、「ロシアにいる従業員から手を引くことも、ロシア政府が操業して利益を得られるような製造施設を引き渡すこともしない」と述べた。

非営利団体Don't Fund WarのエールSOMリストの評価によると、コッホ社以外にも、ロシアで実質的な事業を継続しながら、撤退や活動縮小の要求を拒んでいるか、将来の投資計画を延期している多国籍企業が約330社あるとのことです。

技術系企業は存続

このリストには、中国のハイテク・ゲーム大手のテンセント(HKG:0700)と中国の電子商取引会社アリババ・グループ(NYSE:BABA)が含まれています。テンセントは戦争に味方することを避けてきたが、先月、ウクライナ紛争のような敏感な話題を議論する際には客観的になるよう、ユーザーに訴えた。近年ロシアで存在感を高めているアリババは、戦争における姿勢について沈黙を守っている。

中国で規制当局の厳しい監視を受けているディディ・グローバル(NYSE:DIDI)は、ロシアからの撤退という以前の決定をすぐに覆し、同市場のドライバーや乗客へのサービスを継続するとしていた。

コンピューターメーカーのLenovo (HKG:0992) とAsus (TPE:2357) は、同業のAcer (TPE:2353) が今月初めに世界的な不買運動に加わることを決めた後も、コンピューター関連製品を販売するためにロシアに留まることを選択しました。

Samsung Electronics (KRX:005930) に次いでロシアで2番目に売れているスマートフォンブランドの Xiaomi (HKG:1810) も、ロシアでの計画について沈黙を守っている。同ブランドは2017年に同市場に進出した。

ハイテク企業以外では、ネスレ(SWX:NESN)、プロクター&ギャンブル(NYSE:PG)、ファイザー(NYSE:PFE)、メルク(NYSE:MRK)などのグローバル企業が戦争中のロシアで時間稼ぎをしている。彼らは、進行中の臨床試験の患者登録を一時停止するか、事業を縮小して新規投資を停止するか、あるいは必要以外の輸入や輸出を停止しているのだ。

3月のワシントンポスト紙によると、ロシアにある数十社の企業が撤退するのはますます難しくなってきていると言う専門家もいる。

ノートルダム大学メンドーサ・ビジネス・カレッジのジェームズ・オルーク教授(経営学)は、「これは、積極的な投資解除が最良の選択肢となる歴史的な瞬間の一つかもしれない…兌換通貨でロシアからお金を出し入れできないなら、そこにいる意味はあるのか」と、ワシントンポスト紙から引用している。

テンセント、アリババ、ディディなど、BlackBull Marketsで23Kの世界株式を取引する