ボラティリティー分析ツールの紹介

彼のデイトレーディング活動を計画をとこなう際に、トレーダーはその日の間に採用するトレーディングスタイルに関するアイディアをほとんと、あるいは全く持っていないことが多いです。彼はしばしば、ショート、またはロング側に向けてバイアスがない状態で開始することにすることが多いです。

システム的アプローチを確信しているにもかかわらず、彼はトレーディング戦略を使うことはほとんどなくい、彼のトレーディングの判断の多くは、最適なエントリーとエグジット戦略であると見なすもののみならず、チャートパターンの解釈に基づいています。サポートとレジスタンスのレベルは、このプロセスのトリガーとして利用される場合があります。トレーダーは自分がフォローすることにしたチャートの期間以外を検討することに時間をかけない場合さえあります。

トレーダーは、市場の主役をフォローし、注文の流れを解釈することにより、成功すると確信しており、その市場でデイトレーディングすることにほぼ恐れのない姿勢で望んでいます。彼はそのセッションで速めに成功することもありますが、困難を持ち始めます。そして、彼は、一連の損失で苦しんだ後に自分のアプローチにさらに分析的であることを強いられます。

その問題というのは、彼が求めているものを把握ておらず、トレードの「流れについて行く」ことに依存していることで、市場のパターンを認識できなくなっていました。一日の自国のみならず、日毎、または日中の予測される動きは見逃していたかもしれない要因の一部でした。

Autochartistはプラットフォームが生成するチャートパターンや高品質のインジケーターの他に、、外国為替、先物、株式指数CFD、そして株式市場の相対的動きに対する知見を示すトレーダー用のツールを提供します。

このデータは、想定される価格の予測、リスク要因、そして時間関連のパターンに関する情報を提供するため、特定のチャートパターンのリスクリワード比を評価する時に、トレーダーにとって便利なツールとなりえます。

Autochartistのボラティリティー分析ツールは、特定の時間枠での平均ピップの動き、履歴に基づく想定される上下のモーメンタム、様々な時間枠での最大の価格の動きの予想(統計的高値と安値)、そして週日と時間毎の時間枠での予想される価格の動きなど、外国為替トレーダーに情報を提供する分析の道具です。

トレーダーにとっては、特定の時間での平均的な動きは、市場がどこに向井、上向きか下向きのターゲットが合理的かどうかを判断する上での推測を排除するため、不可欠な情報です。トレーダーは、どのトレードポジションで入るべきかを判断しつつ、マニュアル的に利益ターゲットやストップロスを計算しようとする代わりに、ストップロスと利益ターゲットを作るために経験上のデータを使うことができます。これで、そうした選択のランダム性を取り除きます。

金融市場は、それがニューやイベントドリブンの日ではない場合、一日の様々な時間でよりアグレッシブになる傾向があります。様々な金融商品の始値と終値が最も活発な時間になる傾向があります。価格アクションや取引量の主要決定要因は通常、そうした時間に最も影響を強めます。

金融市場は日に24時間開いているため、こうした開場や閉場が一日の様々な時間で起こり、トレーダーに極端なボラティリティーから利益を得る多くの機会を可能にします。しかし、市場がフラットでトレードしている日の間に特定の時間もあります。それをトレードする者がそこにいない時には、最高のチャートパターンセットアップでさえ、失敗します。

1時間当たりの価格レンジの6か月平均に基づくAutochartistのボラティリティー分析の機能は、トレーダーに特定の市場がより活発である時期の情報を提供してくれます。これで、トレードアラートを発し、市場が持合いになる理由を容易に理解できます。ユーザーは、どの市場が持合いとなり始めているのか、そしてどの市場が持合いから脱して行こうとしているのかを判断するためにこのデータを使うことができます。この知識は、ブレイクアウトの動きが実現しようとしていることを示すチャートパターンを特定するときには、支援を与える場合があります。

ボラティリティー分析ツールを活用するトレーダーは、経済カレンダーと組み合わせると、これからの起こる主要経済イベントに注意するユーザーにとって有用となり、特定の日に市場で何が可能なのかをさらに把握することができます。

このツールは、レンジ内で示されたその日の平均の動きで、24時間の間の高値から安値のレンジを計算します。

もちろん、自分のトレーディング戦略でのボラティリティー分析ツールを利用するかどうかは個人の選択ですが、次の質問のどれにもはいと答える人ならば、おそらくガイドラインとしてそのデータを使うべきです。

  1. あなたの戦略でストップアウトされるまで、トレードを続けることができないですか?
  2. あなたの取り引きが自分に有利に進もうとする時にストップアウトされますか?
  3. 市場がすぐに自分に有利にスイングすると期待してトレードすることが頻繁にありますか?

これらの質問のいづれにもはいと答えるなら、ボラティリティー分析は取り組もうとすべきものです。