分析の「ビッグムーブメント」の種類の紹介

金融商品が異常な(上昇または下落のいずれでも)ほど大きな動きをとなった事例は「ビッグムーブメント」と称されます。トレンドフォロワーとスイングトレーダーの両者はこの分析のスタイルからメリットを受けます。

それは、トレンドウォッチャーにとって新たなトレンドの情報を示すものである場合があります。スイングトレーダーにとっては、それは調整が進行中であるというヒントになる場合があります。

Autochartistは連続するローソク足の各商品の典型的な数に注目し、トレーダーは異常な動きが起こる時に通知を受けます。

統計詳細情報

Autochartistは、全ての商品、全ての方向、1時間毎、4時間毎、そして日毎に最大600のローソク足を遡って見ることにより、連続するローソク足のヒストグラムを構築します。これは、各商品について当社は5つの異なる分布を追跡することを意味します。

以下に、上記で示された例(USD/JPYの4時間足のローソク足)について確率のン分布があります:

上記ヒストグラムから、USD/JPY H4のグラフはその時間の50%で強気と弱気のローソク足が交互に現れることを示し、直近の600のローソク足の間に、1つの「連続した」強気のローソク足が大まかに時間の50%だけあります。その時間の30%程度は2つの連続する強気のローソク足があり、その時間の10%程度3つの連続する強気のローソク足があることも確認できます。

これらの数字を95%の閾値に達するまで追加した場合、その上の全ては、2つの用純偏差以上、「標準外」であると見なされます。

それは、USD/JPY H4のチャートは、4つ以上の連続する強気のローソク足を示している場合、Autochartistは「結果」を生成する事を意味します。

各シンボル、データの間隔、そして方向は、ユニークな確率の分布を提示することができます。さらに、過去のデータの変化するウィンドウを作り、毎日新たな分布を生成します。