フィボナッチパターン分析の紹介

Autochartistは4つの異なるフィボナッチパターンに分類します:ABCD、3ドライブ、3ポイントリトレースメント、そして3ポイントエクステンション。

この大きな優位性は、このプラットフォームはそのパターンを識別し、計算するということです。発生しているトレンドが一般的に受け入れられるフィボナッチパターンに当てはまるかどうか判断するには数時間かかります。このタスクを完了した後でも、アナリストは、トレーディングの機会があるかどうかを判断する必要性がまだあります。

Autochartistを活用すれば、トレーダーが想定されるトレーディングの機会を事前に計画することができるよう、それが出現するパターンを見分けようとするため、こうした可能性が対処されます。そのプラットフォームの完成したパターンは、活発なパターンやトレーダーがそう選ぶ場合に反応を引き起こされるものを見る上でも役立ちます。

 

フィボナッチパターンの分析は多くの忍耐と数学が必要となります。しかし、Autochartistを活用すれば、このプラットフォームは、数百のパターンを分析し、トレーディングアラートを判断する上で必要とされる数学を適用することができます。このように、トレーダーにはエントリー、トレーリングストップ、そしてエグジット戦略を最適にプロットすることのみならず、トレーディング機会を評価する時間がさらに多く与えられます。我慢する必要性を排除することは、市場とトレーディングが引き起こす感情的な緊張に対処する助けにもなります。

分析用のフィボナッチパターンをを採用することはトレーダーに市場における中立な観点も提供してくれます。これは、現在のイベントや経済レポートからなど、偏見の可能性を取り除きます。フィボナッチパターンは簡単に言えば、市場を見る数学的パターンであり、「これはそれが行ったことである」や「これは過去の履歴に基づいて行う可能性のあることである」と教えてくれます。それは外部の影響を伴わないむしろ簡単な数学的市場調査です。

フィボナッチパターンを利用するもう1つのメリットは、それは価格のレンジまで市場が戻るかどうか、またはそれが拡張するのかをトレーダーが追跡する上でどのように役立つのかということです。そして、トレーダーは、現在の市場価格よりも良いエントリー価格を待つべきかどうか、より高いリターンを捕らえるチャンスのためにさらに投資すべきかどうかを判断することができます。

フィボナッチパターンでの価格レベルターゲットを作ることで、トレーダーは合理的な価格ターゲットをより最適に設定することができ、そのパターンでリスク/リワード比が簡単に算出することができるため、トレードを執行すべきかどうかを判断できるようになります。

どのようなトレーディングツールにもあるように、トレーダーにはリスクを取る前にこのフィボナッチパターンを調べて、実験することを強く推奨されます。これはトレーダーがこの種の分析の特異性の一部を判断する上で役立ちます。この形の分析が自分のトレーディングスタイルに適切であることをトレーダーが立証することが極めて重要です。特定のトレーディングの原則は、関わるリスクを自覚する前に利益で盲目になり、数回の初期の成功の後に自分に適していると確信するトレーダーもいます。

この数学的なパターンからの最大のメリットを得るために、どのフィボナッチパターンの機能が特定の状況で最も機能するのかを理解しようとすることが極めて重要です。分析ツールのこの部分を理解することにより、トレーダーはフィボナッチパターンを上手く活用する方法をさらに理解することができます。