Autochartistの紹介

Autochartistを活用すれば、トレーダーはチャートパターンのトレーディングを可能にするトレンド、サポート、そしてレジスタンスの要素を強く予測し、対応することができます。

Autochartistからの自動トレーディングの機会をフルに活用するために、このウェブベースのプラットフォームのユーザーのインターフェースのいくつかの重要なエリアについてまず、把握することが重要です。

結果のコラムで、以下のサンプルなど出現するパターンのアラートを発します。

出現パターンは、トレンドが知らされるため、価格動向がパターンのサポートライン、あるいはレジスタンスラインを突破する前に、先を見越したトレーディングアプローチを取ることができます。パターンの種類、トレンド、及び価格アクションに基づいて結果をさらに確認、あるいはフィルターをかけるいくつかの主要クオリティーインジケーターがあります。このようにして、チャートパターントレーディングのにおける多くの主観が排除され、偏見のないトレードを行うことが可能になります。

トレーダーは、フォーリングウェッジの上に表示されたこのNZD/CHFのアラートはアラートラインとチャート自体の両方で示された15分の日中時間枠上にありことにまず、留意すべきです。Autochartistは、15、30、60、240、そして1,440分の時間でスキャンします。

15分足チャートは最小の時間枠を表示しており、Autochartistは同じ結果を示しています。パターンブレイクの方向の可能性のみならず、パターンの種類は全てこのチャートに列記されています。フォーリングウェッジは人気のパターンです。

このフォーリングウェッジはNZD/CHFの短期日中チャートで現れているパターンです。  初期のとレンディングの測定は現在のトレンドの強さを確認する上で役立ちます。最大の表示は10本のバーですが、6本のバーで当初の値よりも高いことが、トレンドのパターン継続を確認する最善の方法です。事例から見られるように、表示は3本のバーであり、水平はボラティリティーをほのめかしています。しかし、別のバーは、トレンドへの移行を示しています。もう1つのバーではありますが、それでトレンドの開始を示します。

あなたのパターンフィルタリングプロセス内で、当初のトレンド表示は最も必須となるクオリティーインジケーターとなります。

まとめて言えば、完成したパターンは反応的でトレード管理の機会を表しますが、出現するパターンは先回りしたトレーディングの可能性を表します。

フィルタリングは、その日の間に来るトレードの機会から最大限のものを得るために極めて重要です。各トレーダーは、保守的からアグレッシブなエントリーに関連する要因を認識しなければなりません。

60分の時間枠で、NZD/USDのパターンとレーディングの機会は完了していました。

出現パターンと完成したものの次の違いに注意してください:

1.それがパターンをブレイクした(ブレイクアウトを参照)時に、価格の動きにモーメンタムがあったかどうか。

2.完成したチャートパターンで自動的に描かれる予測エリア。

出現しているパターンは時折、トレンドの置けるブレイクを明らかにします。これはAutochartistが15分毎に15分足チャートでの価格を更新しているからです。

ブレイクアウトの表示は、トライアングルのパターンのレジスタンスラインをブレイクするときにそのパターンのモーメンタムを表します。ご覧いただけるように、ブレイクアウトの表示は最小の1本のバーで非常に低いです。これは、価格が上昇する時にモーメンタムは弱く、その結果、目先の継続の期待は低いことを示しています。経済イベントの前やシドニーやニューヨークのような金融センターの開場の前にパターンが下にブレイクした場合、それは大きい結末となりえることにご留意ください。

直近のパターンは、予測エリア(概説済み)を示しており、それが価格の下ブレイクの上にあるため、レジスタンスを示しています。

予測エリアはトレーダーに、トレードの管理アドバイスを提供しており、エントリーが行われると、完成パターンが貴重なものとなります。