プラットフォーム

BlackBull Marketsは、世界的に有名なMetaTrader4を提供します。お好みのプラットフォームにダウンロードしてください。 詳細をご覧ください。
仮想プライベートサーバー
VPS取引
NYCサーバー
BeeksFX

トレーディング用語集

トレーディング用語集

A

Appreciation – 通貨は、市場の需要に反応して価格が強くなる時、高くなる(appreciate)と言われています。

Arbitrage –裁定取引。市場間の小さい価格の違いを利用するために商品の売買と同時に関連の市場で反対のポジションを同時に取るlこと。

Around – アラウンド。先物プレミアム/ディスカウントが同価近くになる時にクオートで使われるディーラーの専門用語。例えば、「2-2アラウンド」は現在のスポットのいずれかの側への2ポイントと解釈されます。

Ask Rate – アスク・レート。金融商品が売りに提供されるレート(ビッド/アスクのスプレッドにあるように)

Asset Allocation – アセットアロケーション。リスク管理の目的、もしくは投資家の目的に一貫した期待リターンを得るために分散化を達成するために様々な市場で資金を分ける投資のやり方。

B

Back Office – バックオフィス。金融取り引き清算に関連する部門とプロセス。

Balance of Trade – バランスオブトレード(貿易収支)。国の輸出入の差額。

Base Currency – ベースカレンシー。一般的な用語では、基準通貨は、投資家や発行者が口座の帳簿を維持する通貨。FX市場では、クオートはペアでクオートされる他の通貨につき、1米ドルの単位として表現されることを意味し、米ドルは「基軸」通貨として通常、見なされています。このルールの第1の例外は英ポンド、ユーロ、そして豪ドルです。

Bear Market – ベアマーケット。価格の下落を特徴する市場。

Bid / Ask Spread – ビッド/アスクスプレッド。ビッドとオファーの価格間の差、そして最も広く使われる市場の流動性の尺度。

Bid Rate – ビッド・レート。トレーダーが通貨を買うレート。

Big Figure – ビッグフィギア。外国為替レートの最初の数桁を意味するディーラーの表現。この桁は通常の市場の変動でめったに変化しないため、市場が大きく動く時は特に、ディーラーのクオートでは省かれます。例えば、ドル円レートは107.30/107.35ですが、“30/35”等の最初の3桁無しで口頭ではクオートされる場合があります。

Book – ブック。プロのトレーディング環境では、トレーダー、またはデスクの総ポジションのサマリーです。

Bretton Woods Agreement of 1944 – 1944年のブレトンウッズ協定。メジャー通貨に対する固定相場を確立した協定。通貨市場における中央銀行の介入を前提とし、金価格をオンス当たり35米ドルに固定した。この協定は、ニクソン大統領がブレトンウッズ協定を撤廃し、主要通貨の変動相場制を確立した1971年まで続きました。

Broker – ブローカー。手数料を得て買い手と売り手を引き合わせ、仲介役を果たす個人または企業。対照に、もう一方の当事者とのそれに続くトレードでのポジションを決済することにより、スプレッド(利益)を得ることを期待し、ディーラーは、資金を使い、1つのポジションを取ります。

Bull Market – ブルマーケット。価格の上昇を特徴する市場

Bundesbank – ブンデスバンク。ドイツの中央銀行。

C

Cable – ケーブル。英ポンド/米ドルの為替レートを意味するトレーダー用語。そのレートは元々、1800年代中期に始まった大西洋ケーブルで送信されたいたため、そう呼ばれる。

Candlestick Chart – ローソク足。始値と終値のみならず、その日のトレーディングレンジを表すチャート。始値が終値よりも高ければ、始値と終値の長方形が影付けられる。終値が始値よりも高ければ、チャートのエリアは影が付かない。

Central Bank – 中央銀行。国の金融政策を管理する政府、または純政府の組織。例えば、米国の中央銀行は、連邦準備基金であり、ドイツの中央銀行はブンデスバンクです。

Chartist – チャーチスト。トレンドを見つけ、将来の動きを予想するためにチャートとグラフを使い、履歴データを解釈する個人。また、テクニカルトレーダーとも称されます。

Choice Market – チョイスマーケット。スピードが無い市場。買い手と売り手が1つの価格で発生する全てのトレード。

Clearing – クリアリング(清算)。トレードを清算するプロセス。

Collateral – 担保。ローンを確保するために与えられたもの、またはパフォーマンスの保証として。

Commission – 手数料。ブローカーが課す取引手数料。

Confirmation – 確認。言及された取り引き条件を述べている取り引きに対して相手と交わされる文書。

Contagion – 伝染、悪影響。1つの市場から他に経済危機が広まる傾向。1997年に、インドネシアの政治的不安定が国内通貨のルピアの高いボラティリティーを引き起こした。底から、悪影響が他のアジア、そして中南米の新興国通貨に広がり、「アジアの伝染」と今、称されています。

Contract – コントラクト。トレーディング標準的単位。

Counterparty – カウンターパーティー。金融取引での1方の参加者。

Country Risk – カントリーリスク。法的及び政治的状況を含め、国境を超える取り引きに関するリスク。

Cross Rate – クロスレート。通貨ペアがクオートされる国で非標準と見なされる2つの通貨間の外国為替レート。例えば、米国では、GBP/JPYのクオートは、クロスレートと見なされ、英国や日本では、それはトレードされる1つの主通貨ペアとなります。

Currency – 通貨。政府または中央銀行により発行され、法的通貨や貿易の基礎として使われるお金の形態。

Currency Risk – カレンシーリスク。外国為替レートで不利な変化の可能性。

D

Day Trading – デイトレーディング。同じトレーディングの日に建てて、決済するポジションを意味します。

Dealer – ディーラー。取り引きの主導者、または相手として役割を果たす個人。主導者は、もう一方の当事者とのそれに続くトレードでのポジションを決済することにより、スプレッド(利益)を得ることを期待し、1つの側のポジションを取ります。対照に、ブローカーは手数料を得て買い手と売り手を引き合わせ、仲介役を果たす個人または企業です。

Deficit – 赤字額。貿易や支払いの欠損残高。

Delivery –デリバリー。両者がトレードされた通貨を実際に提供し、受領するFXトレード。

Depreciation – 減価。市場の力のため、通貨の価値が下がること。

Derivative – デリバティブ(金融派生商品)。関連する、または原資産証券、先物、または他の物理的商品の価格の動きに関して価格が変化する取引契約。オプションは最も一般的なデリバティブ商品です。

Devaluation – 通貨の切り下げ。通常、公式な発表により、通貨価格を意図的に下方向に調整すること。

E

Economic Indicator – 経済指標。現在の経済成長や安定性を示す政府が破票する統計。共通の指標には、雇用率、国内総生産(GDP)、インフレ、小売売上などが含まれます。

End Of Day Order (EOD) – 引け成り注文。指定した価格での売買注文。lこの注文は通常、米国東部時間午後5時のトレーディングの日の終わりまで有効のままです。

EURO – ユーロ。欧州通貨統合の通貨(EMU)。欧州通貨単位に代わるもの(ECU)。

European Central Bank (ECB) – 欧州中央銀行。新欧州通貨統合の中央銀行。

European Monetary Union (EMU) – 欧州通貨統合の第1の目標は、ユーロと称する単一の欧州通貨であり、公式的にはEU加入国の国家の通貨を2002年に代えることになっていました。1999年1月1日に、ユーロ導入の移行段階が始まりました。銀行取り引き通貨として現在、ユーロが存在しており、紙幣の金融取引と外国為替はユーロで行われています。この移行期間は3年間続くことになり、そしてユーロがとなる時点で貨幣が流通することになります。2002年7月1日に、ユーロのみがEMU加盟国の法廷通貨となり、加盟国の通貨は消滅することになります。EMUの現在の加盟国は、ドイツ、フランス、ベルギー、ルクセンブルク、オーストラリア、フィンランド、アイルランド、オランダ、スペイン、そしてポルトガルです。

F

Federal Deposit Insurance Corporation (FDIC) – 連邦預金保険公社。米国での銀行預金保険を管理する監督官庁。

Federal Reserve (Fed) – 連邦準備基金。米国の中央銀行。

Flat/square – フラット/スクエア。完全に反転されるポジションを表すために使われるディーラー用語。例、$500,000で買い、$500,000で売った。それで中立(フラット)なポジションを作ります。

Foreign Exchange (外国為替, FX) – 1つの通貨を同時に売り買いする。

Forward – フォワード。関わる2つの通貨間の金利差に基づき、合意した将来の日に設定する外国為替契約の事前に特定した外国為替レート。

Forward points – フォワードポイント。フォワード価格を算出するために現在の為替レートに加算、またはそれから減算されたピップ。

Fundamental analysis – ファンダメンタル分析。金融市場の将来の動向を判断する目的で政治経済的情報を分析すること。

Futures Contract – 先物取引契約。将来の日付で定めた価格で商品を取り引きする義務。先物とフォワード間の第1の違いは、店頭取引(OTC)と見なされるフォワードに対する先物は一般的に市場で取り引きされる(上場投資取引契約- ETC)ということです。OTCは、市場では取り引きされない取引契約です。

G

Good Til Cancelled Order (GTC) – 特定の価格で売買される注文。この注文は通るまで、またはクライアントがキャンセルするまで有効です。

H

Hedge – ヘッジ、両建て。主ポジションのリスクを下げるポジション、またはポジションの組み合わせ。

I

Inflation – インフレーション。消費者向けの商品が高くなり、購買力を侵食する経済状況。

Initial margin – 初期証拠金。将来のパフォーマンスの保証としてポジションを取るために必要とされる初回担保入金。

Interbank rates – インターバンクレート。大手国際銀行が他の大手国際銀行にクオートする外国為替レート。

L

Leading Indicators – 主要指標。将来の経済活動を予測するために考慮される統計情報。

LIBOR – ライボー。ロンドンインターバンクオファードレート。銀行は他の銀行から借り入れを行う時にライボーを使います。

Limit order – 指値。支払われる最大の価格、または受ける最小の価格に制限する注文。例えば、ドル円の現在の価格が102.00/05の場合、ドルを買う指値注文は102円以下の価格となります。(すなわち、101.50)

Liquidation – 清算。相殺取引の執行を通して既存のポジションを閉じること。

Liquidity – 流動性。価格の安定性にインパクトの最小、無い形で大規模の取り引きを受ける市場の能力。

Long position – ロングポジション。市場価格が高くなる場合、価値が上昇するポジション。

M

Margin – マージン、証拠金。ポジションを担保にするために投資家が入金する必要な資本。

Margin call – マージンコール、ポジションを担保にするために投資家が入金する必要な資本不足時の連絡。

Marked-to-Market – 時価評価。現在の市場価格で全ての運用中のポジションを再評価するプロセス。この新たな価値がその時点で証拠金要件を決めます。

Market Maker – マーケットメーカー。金融商品のビッドとアスクの両価格をクオートし両側の市場を作る用意があるディーラー。

Market Risk – マーケットリスク。市場価格での変更へのエクスポージャー。

Maturity – 満期。現在の市場価格で全ての運用ポジションを再評価するプロセス。この新たな価値がその時点で証拠金要件を決めます。

O

Offer – オファー。ディーラーが通貨を売るレート。

Offsetting transaction – 取り引き相殺。運用中のポジションの一部または全ての市場のリスクをキャンセル、または相殺するために提供するトレード。

One Cancels the Other Order (OCO) – 2つの注文の一部が執行されると、他方が自動的にキャンセルされる2つの注文の設定

Open order – 指値注文。市場が指定した価格に動くときに執行される注文。通常、「注文がキャンセルされるまで有効」と関係する。

Open position – オープンポジション。物理的な支払いを留保、決済されない取り引き。

Overnight – オーバーナイト。翌営業日までに運用されるトレード。

Over the Counter (OTC) – 店頭。市場で行われない取り引きを表すために使われる。

P

Pips – ピップス。小数点第4位から追加、または引かれる桁。すなわち、0.0001。ポイントとも称される。

Political Risk – 政治リスク。投資家のポジションに悪影響を及ぼす政策上の変化にさらされること。

Position – ポジション。任意の通貨の純資産層保有。

Premium – プレミアム。通貨市場では、フォワード、または先物価格がスポット価格を上回る金額を表す。

Price Transparency – 価格の透明性。全ての市場の参加者がアクセスするクオートを表す。

Q

Quote – クオート。情報の目的のみに通常、使われる表示市場価格。

R

Rate – レート。他方の観点での1つの通貨の価格、一般的にディーリングの目的に使われる。

Resistance – レジスタンス。アナリストが人々は売ると結論する特定の価格レベルを占める的に駆る分析に使われる用語。

Revaluation – リバリュエーション、通貨の切り上げ。中央銀行の介入の結果として通貨の為替レートの増加。通貨の切り下げの逆。

Risk – リスク。不利な変化の否定的な暗示を持つことに使われることが多い、不確実な変化にさられていること。

Risk Management – リスク管理。様々な種類のリスクへの露出を減らす、もしくはコントロールするための金融分析とトレーディングテクニックの採用。

Roll-Over – ロールオーバー。取り引きの決済が別の価格の日に繰り越されるプロセス。このプロセスのコストは2つの通貨の金利差に基づく。

S

Settlement – 決済。トレードが取り引きに対する相手の帳簿や記録に記されるプロセス。通貨トレードの決済は、一方に対する1つの通貨の実際の物理的交換に関わる、または関わらない場合がある。

Short Position – ショートポジション。市場価格の下落から利益を得る投資のポジション。

Spot Price –スポット価格。現在の市場価格。スポットお取引の決済は通常、2営業日以内に行われる。

Spread – スプレッド。ビッドとオファーの価格間の差。

Sterling – スターリング。英ポンドのスラング

Stop Loss Order – ストップロス注文。運用中のポジションが自動的に特定の価格決済される注文の種類。市場が投資家のポジションの逆に動く場合に、損失へのエクスポージャーを最小化するために使われる。例えば、投資家が、156.27米ドルでロングの場合、彼らはドルが例えば、155.49以下に下落する場合、損失を限定する155.49のストップロス注文を置きたいと思うかもしれません。

Support Levels –サポートレベル。任意の為替レートが自動的に修正する特定を価格の天井や床を示すテクニカル分析で使用されるテクニック。レジスタンスの逆。

Swap – スワップ。通貨のスワップは、フォワードの為替レートで任意の通貨の同じ金額の同時売買です。

T

Technical Analysis – テクニカル分析。市場データを分析することにより価格を予測する取り組み。すなわち、かこの価格のトレンドや平均、取引量、未決済役定数など。

Tomorrow Next (Tom/Next) – 約定日の翌営業日目に決済を行う同時売買。

Transaction Cost – トランザクションコスト。金融商品の売買コスト。

Transaction Date – トランザクションの日付。トレードが行われる日付。

Turnover – ターンオーバー。任意の時期、取引量での全ての執行した取り引きの送金額。

Two-Way Price – ツーウェイ価格。ビッドとオファーの両レートはFX取り引きでクオートされる。

U

Uptick – アップティック。先行するクオートよりも高い価格での新たな価格のクオート。

Uptick Rule – アップティックルール。米国では、証券は、ショートの売りの前の最後のトレードがショートの売りが執行される価格よりも低い価格ではない場合に、ショートの売りができない規則。

US Prime Rate – 米国プライムレート。米国の銀行が優良企業の顧客に融資する金利。

V

Value Date – 受け渡し日。金融取引の相手がそれぞれの義務を果たすことに同意した日付。すなわち、支払い交換。スポット通貨取り引きについては、受け渡し日は通常、2営業日目の先渡し日。満期日としても知られる。

Variation Margin – 変動証拠金。ブローカーは、必要とされる証拠金を入金するクライアントから依頼される資金。この用語は通常、望ましくない価格の動きの結果、入金する必要がある追加の資金を意味します。

Volatility (Vol) –ボラティリティー。時間をかけた市場の価格の動きの統計的な尺度。

W

Whipsaw – ウィップソー、ちゃぶつき。鋭い価格の動きは過ぎに急な反対の動きが続く高いボラティリティーの市場の状況のスラング。

Y

Yard – ヤード。10億に対するスラング。